花の浮島・礼文 香深漁業協同組合
礼文-浜だより 北の味 オンラインショップ 海鮮処かふか 交通情報
四季の漁模様
春/ニシン〜春告魚〜
礼文島の歴史はニシン漁に始まり、さらには繁栄をもたらしました。このニシンは「春告魚」とも呼ばれ、厳しい冬が去り、春の訪れととものやってくる使者です。
春/ニシン〜春告魚〜 春/ニシン〜春告魚〜
夏/ウニ・こんぶ〜太陽の贈り物〜
夏の太陽の恵みを受けた礼文のコンブはすくすく成長し漁獲されます。コンブは浜一面に広げられ強い日差しの下乾燥され、香り深い味わいになります。ウニはこのコンブをたくさん食べて大きくなり、身入り、味も最高の時期を迎えます。ウニには「ガゼ」 と「ノナ」の2種類があり、「ガゼ」はオレンジ色で甘みが強く、「ノナ」は薄黄色でタンパクな味が特徴です。
夏/ウニ・こんぶ〜太陽の贈り物〜 夏/ウニ・こんぶ〜太陽の贈り物〜
秋/ホッケ〜秋に花咲く礼文のホッケ〜
魚に花と書いてホッケ。フラワーアイランド礼文島にふさわしく、一番の漁獲量を誇る魚です。秋になると脂が乗り、最も美味しい時期になります。味は日本一の折り紙つきです。
秋/ホッケ〜秋に花咲く礼文のホッケ〜 秋/ホッケ〜秋に花咲く礼文のホッケ〜
冬/タラ〜タラふく食べよう〜
鱈の字のとおり、タラは雪とともにやってくる魚です。おもに鍋の食材として重宝されていますが、コブ締めの刺身をはじめ様々な食べ方があります。オス、メスの精卵巣も美味で、特にオスの精巣(白子)はタチと呼ばれ、冬の味覚として重宝されています。
冬/タラ〜タラふく食べよう〜 冬/タラ〜タラふく食べよう〜
漁法については
ニシン、ホッケ、タラはおもに刺網で漁獲されます。刺網とは魚のとおり道に直線的に海底まで網を入れ、網の目に刺さったり、網に引っ掛かったりしたものを獲る漁法です。ただし、魚の種類(魚体の大きさ)によって網目の大きさ等を換えるため、ニシン、ホッケ、タラで使用する網は少しずつ異なります。
ウニはおもにタモ網ですくい獲り、コンブはネジリ、カマと呼ばれる漁具で巻き付けて引っ張ったり、根から切ったりして獲ります。どちらも磯船からガラス箱と呼ばれる水中望器で海底にいるウニ、コンブを探しながら、これらの漁具を用いて獲ります。

>>漁法について、詳しくお知りになりたい方は、漁船の紹介をご覧下さい。